rrog
『子供の科学』の中にあった言葉。
「夜は昼とは別の場所にある。本当は夜というのは時間ではなく場所だ。私たちは毎日、地球という星に乗って昼という場所からぐるりと移動して、夜という場所へ行く」 という言葉に感動している。
これは時間と空間の本質を捉えた、実はとてもすごい言葉だ
- Twitter / Takao_Nukiyama (via igi)

四時半頃になるともう部屋がすっかり明るくなっていて、さっきの夜がまだすぐそこにあって
- 後で捨てればいいのだが… - Classic boy (via torasshu) (via gkojay) (via budda)

私は,転職する気がある・ないに関わらず,自分の市場価値を確認する為に,半年から1年に1度は就職面接を受けるようにしています.自分の会社でしか通用しない人間になっていないか,外ではどんな技術が必要とされているのか,他社では今と同じぐらい,あるいはそれ以上稼げるのか…そういったことを常に認識しておく為です.

2009年のその日も,ある人の勧めで,ある会社を受けました.

英語の試験,プログラミングの試験,4人の技術者の面接などをクリアして,最終試験は社長面接でした.比較的小さなその会社は,社長自ら最終選考を行っていたのです.

その社長は,業界ではちょっとした有名人で,多くの尊敬を集める,いわゆる「ビジョナリー」と言われる方でした.実際に会ってみて,それは噂以上だと断言できます.

ものの15分ほど話して,彼は私という人間を見抜いたようです.

彼は,私という人間を認め,彼の会社で私は活躍するだろうと言ってくれました.彼の会社が探しているような人材だとも言ってくれました (リップサービスじゃないことを願いますが…).

その上で彼は,私自身のキャリアを考えて「あなたは転職するべきではない.今の会社に残る方がいい.だからあなたは採れない」と言いました.

「僕は時々矛盾するんだ」と言いつつ,自分の会社の新しい戦力の可能性よりも,フラッと面接にやってきた私のキャリアを一番に考えてくれたのです.


曰く,

「あなたが今辞めたらエンジニアとして辞めることになる.それは4年前でもできたでしょう? どうせ辞めるなら,マネージャーになってから辞めなさい」

「優秀な人ほど会社に残る.今いる会社のカルチャーをもっと吸収するべきだ」

「今の会社から学べることがまだ山ほどある」

「人員削減などがあって困っているなら採用するが,あなたはちっとも困ってないじゃないか」

「ウチに来てもいいけど,あなた自身がアンハッピーになるよ.あなたはスポイルされると思うよ」

…みたいなことでした.


私が「優秀な人ほど会社に残るなんて聞いたことない (一般的にはデキる人ほど早期退職すると言われる).それに,特定の企業文化がコビりついた人間なんて融通がきかず使いものにならないのでは?」と反論すると「会社の看板がないと仕事ができない人はそうかもしれないが,どこでも通用する自信があるなら,これ以上ないぐらい今の企業文化を吸収するべきだ」と切り返されました.

私が心から信念を持って話す内容と,前日に考えたような内容は瞬時に見破り,後者については「そんなマーケティングが使うような言葉は聞きたくない.2-3年先の目先の話ではなく,10年・20年先を見据えた話をしてくれないか?」と一蹴されました.

そして「あなたは今の会社が嫌だから辞めようとしているんですよ? 自分では気付いていないかもしれないが,どこか嫌なんですよ.でもそれは木を見て森を見ずというもの.嫌なことは山ほどありますよ.目先の嫌なことなんて気にしちゃいけない.それら小さな嫌なことを乗り越える過程こそ,後々の財産になるんです」とも話してくれました.

心を開いた後は正直に「ぶっちゃけ,自分の市場価値を確認する為に定期的に転職活動をしているんです」と言うと,彼は苦笑しながら「それでリクルーティングマーケットの動向は分かるかもしれないが,今の報酬の2倍支払う企業が見つかっても,あなたの価値が急に2倍になるわけじゃない.あなたの価値は,あなたのタイトルで決まるんです」と言われました.

-

Peace Pipe: キャリアに対する考え方が変わった日 [memo] (via pushstart) (via ssbt) (via hsmt)

この社長さんと会ってみたいな。
すごい素敵なひとだ。

(via love46kaede)

(via gosuke) (via yaruo) (via gkojax) (via quote-over100notes-jp) (via rrr-at)

やさしい人は、人間や物事に対する期待値が低いような気がする。
- やさしい人は、期待値が低い - モジログ (via shinyasuzuki)

(Source: quotesquare)


今と違って、数年前の就職活動界では、人材業界が結構熱かったんですね。何か儲かりそうだぞ、ということで、色々な会社が参入していましたし、先進的な会社としてワイキューブが脚光を浴びてたりしました。今の若い方はご存じなんですかね、ワイキューブ。まぁワイキューブのことは置いておいて、人材業界が人気だったんです。で、志望理由として、いや、死亡理由として多かったのが

———————————————-
「人と接することが好きなので、人材業界を志望しています」
「人の話を聞くことが好きなので、人材業界を志望しています」
———————————————-

これですね(笑) こんなもん即落ちです。女の子で可愛かったら別ですが。

あと、ブライダル業界もまだまだ凋落する前でしたので、人気でしたね。

———————————————-
「幸せな人を見るのが好きで・・・」
「(知人・親戚の)結婚式で感動して・・・」
———————————————-

とか多かったです。まぁ後者は悪くないかも知れませんが。

ひどいのだと「持ち株会社(○○ホールディングス)に入りたい」っていう人がいましたね。これは一人だけでしたけど、その人の就職活動を何とか成功させようと苦慮していたところなので、その発言を聞いた時は笑うというより呆れましたね。こりゃ駄目だ、と。今の人でも同じような人がいるかもしれませんが、泥被りたくないとか、スマートに仕事したいとかいう欲求が強いんでしょうね。

———————————————-
「発想が豊かなので、商品開発をやりたいです」
「人と違う視点でものを見れますので、マーケティングでクライアントを支援したいです」
———————————————-

マーチャンダイジングとかが流行言葉だったりしまして、商品開発とかもやりたいやりたい言う人が多かった時代でした。まぁこれ自体はNGワードではないんでしょうけど、不思議とNGな人が言う率が高いんですね。僕調べ、ですが。

———————————————-
「御社で成長したいです」
———————————————-

「うちは学校じゃねーぞ」(某ベンチャー企業社長談)、と。仰るとおりでございます。

結論を言うと「わかってない」んですね。色んな事をわかってない。

■相手(面接してる企業)のビジネスについてわかってない

相手のビジネスについての理解があれば、実際にどういう仕事をすることになるのかがわかるはずです。それが商品開発や、マーケティングでのクライアント支援(って何? 笑)じゃないこともわかるでしょう。自分たちのビジネスについて理解してないのに「第一志望です(嘘)」とか言われても「あぁ辞めちゃうかな」って思いますよね。辞めちゃうなら採用したくないですよね。まぁそれなりの規模の企業で、採用数をノルマにされてる人事部長とかだと話は別かも知れませんが。

■採用担当者が何を知りたいかわかってない

ここが一番わかってないところですよね。採用担当者はあなたの趣味なんて興味ないんですよ、本質的には。軸は2つで「仕事できるかできないか」と「会社に馴染むか馴染まないか」。それだけ。だからこそ、その両方の軸において合格点超えてますよっていうことを伝えなきゃいけないです、自己紹介の時にも、志望動機の時にも、質疑応答の時にも。自己紹介とか志望動機であなた自身の好き嫌いとか趣味とか話されても辟易とするんです、採用担当者は。

- 就活におけるNGワード+就活攻略法 | Asymmetric-BLOG - 強いビジネスモデルが好き - (via petapeta)

948 :彼氏いない歴774年 2011/08/01 01:44:41 ID:6G0Vr+RY
うちの猫おしゃべりなんだ
私「きょうもかわいいですねー」
猫「にゃあ」
私「君は優しいし頭いいし最高ですねー」
猫「にゃあ」
私「もし君が人間なら私と結婚してくれますかー」
猫「…」
私「…」
ーしばしお互い沈黙ー
私「今日はカリカリにしますか?」
猫「にゃあ」
私「結婚は無理でも付き合うくらいならいいですよね?」
猫「…」

猫にもフラれるとは
- やる夫でコピペ 172スレ目 - やる夫系雑談・避難・投下板(やる夫板) (via 46187)

宮崎勤の頃1989年のコミケ10万人。2008年頃には55万人と5.5倍。幼女強姦も 5.5倍に増加したかというと全く逆。コミケやネット人口が増えても大人も少年も幼女を強姦する犯罪は激減。一方、教師の性犯罪率一般人の15倍。如何に心理学者や規制派が嘘を主張しているかが分かります。

- Twitter / huauka (via maccomacorin)

発想を変えてみる

  • 思いついた順にこなす(優先順位を考えない)
  • 疲れた時に必要なのは「だらだらすること」ではない、「睡眠をとること」
  • 定期的に「いつもの行動パターン」を変えてみる(髪を切る場所など)
  • 勉強も運動も最初の10日間続けてみる(習慣化する)
  • 怠けられるルールをつくる(運動であれば「雨の日は休む」など)
  • 行動して一度走り出したら完走するまで止まらない
- 「続けられない」「だらだらしてしまう」人が行動するための方法 なまけもののあなたがうまくいく57の法則/本田直之 Vin bukupe [ブクペ] (via chevaliernoir634)

48  シャルトリュー(千葉県) 2012/11/01(木) 13:50:08.72 ID:veIOmHXI0

ダイハード4を見てカメラのあるノートは買わない様にしようと心に誓った
- 【2ch】ニュー速クオリティ:ロシアからのサイバー攻撃にグルジアが反撃 ロシアのクラッカーをWebカメラで撮影成功 (via kikuzu)

日本人が優しいのは遺伝子に原因があったのではないか


だから、多くの国で、自分の友人や親族の誰かが殺された経験を持っている。

女性も、殴られたり、レイプされたりする率は非常に高い。その殺され方も日本人が見ると、想像できないほどの残虐性である。だから、多くの外国人女性が日本にやってきて、日本の治安の良さに驚嘆する。

「いったい、日本はなぜこんなに治安が良いのか?」

日本がこれほどまで治安が良いのは、いろいろな説があるが、端的に言えば、日本人が穏やかで優しい民族だからである。

では、なぜ日本人は穏やかで優しいのか。

日本人は文化や風習や自制心によって、その優しさを磨いてきたという説もあった。

最近になって、日本人が優しいのは遺伝子に原因があったのではないかという説が有力視されつつある。

1996年11月、オーストリアのザルツブルク大学の科学者が、「セロトニントランスポーター遺伝子」というものを発見した。

これは、セロトニンの伝達に関連する情報が書き込まれた遺伝子なのだが、この遺伝子は、恐怖を強く感じるか、それほど感じないかを司る遺伝子だったのだ。

この遺伝子の組み合わせによって、人は恐怖を強く感じたり、それほど感じなかったりするのである。これが、人種によって違っているのが明らかになった。

image
世界では何かあると暴動や暴力や破壊が発生する。日本でも暴動が起きてもおかしくない案件が山ほどあるが、ほとんどの日本人は我慢する。

日本人は圧倒的なまでにSS型で占められている


「セロトニントランスポーター遺伝子」のタイプは3つあったのだが、この3つのタイプで恐怖を感じる度合いが違ってくるのである。

3つのタイプとは以下のものである。

LL型 恐怖に鈍感
SL型 恐怖に中立
SS型 恐怖に敏感

人種によって、どのタイプが多いのか分布がまったく違っていることが分かっている。恐怖に敏感なSS型が、その人種でどれくらいの割合で存在しているのかを調べたデータがあるようだが、それによると、以下のようになっていたという。

南アフリカ人 32%
ドイツ人 64%
インド人 67%
日本人 97%

日本人は圧倒的なまでにSS型で占められている。ほとんど全員がSS型と言ってもいいほどだ。

恐怖に敏感であるということは、悪いことのように見えるが、実は厳しい環境の中で生き残るためには欠かせない重要な要素である。

恐怖があるから、慎重になり、それゆえに生き残りやすい。また、環境の変化に敏感で、トラブルが起きる前に回避してしまう行動を起こすから、結果的に社会は安定したものになる。

つまり、優しい社会になる。

このSS型が世界で最も多いのが日本人であるとすると、日本人は、遺伝子レベルで優しさが組み込まれていたということになる。日本人の優しさは、先天的なものであり、天性のものだったのである。

image
2011年3月11日の東日本大震災という未曾有の震災に見舞われても、略奪も暴動も起きず、日本人同士で助け合った。震災よりも、日本人の態度に世界は驚いた。

集団で相手と対抗するというのは、重要な知恵だった


「セロトニントランスポーター遺伝子」のSS型が多いというのは、個体としては弱いということを意味する。

恐怖を感じやすいというのは、すなわち激しい主張、激しい暴力、激しい対立、激しい交渉は苦手だということだ。それは日本人の社会を見ても納得できるものがある。

諸外国の厚かましさは、日本人から見れば想像すらできない「野蛮な世界の住民」にしか見えない。

インド人はSS型が67%だから、優しい人も意外に多いように見えるが、日本人から見ると、そのインド人ですらも野蛮人か原始人のように見える人が多い。

それほど、日本人は優しい。

だから、この弱さを克服するために、いろいろな方法が日本では考え出された。集団を作り、常に集団で相手と対抗するというのは、その中でも最も重要な知恵だった。

個人と個人なら、どうしても勝てない。しかし、個人と集団であれば、集団の数が大きければ大きいほど勝てる。

日本人が集団で生きるのが当然のように考えるのは、逆に言えば集団でなければ勝てないことを自覚しているからだ。

この集団は、互いに気配りするために非常にまとまりが強い。長期に渡って、ひとつの目標に向かって進むことができる。だから、集団になった日本人は異常に強い。

集団になった日本人の強さは時に伝説を生み出すのは、日本人ひとりひとりが弱さを克服するための集団であることを意識しているからだ。

逆に言えば、集団から外れて、ただの個人となった日本人は、とても弱い可能性が高い。

日本に自営業の人が外国に比べて少ないのも、個人であることの弱さを認識しているからであると言える。

そんな世の中で、もし日本人のあなたが一匹狼として生きるのであれば、個体としての弱さを克服するために、何らかの知恵が必要になるということだ。

そうしないと、一方的にやられてしまう可能性がある。
-

日本人が優しく、個人が弱いのは、遺伝子に原因があった? (via sqiz)

こちらにも。

不安は当然!?日本人の多くが不安遺伝子を持っていた - NAVER まとめ

(via chikuri)

1.「間違った」人と時間を過ごさない
人生は短く、あなたから幸せを奪うような人に時間を費やす余裕はありません。
誰かがあなたを必要としているのならば、あなたのことをきちんと評価してくれるはずです。他人の評価というのは、あなた自身が努力して勝ち取るべきものではないのです。あなたを過小評価する人に対して、認めてもらうように主張するのは時間の無駄です。
あなたが最高の状態の時に一緒にいてくれる人ではなく、あなたが最悪の時に一緒にいてくれる人こそが、あなたの真の友人なのです。

2628656466_105e7fe8c9_b
参照:lifebuzz.com

2.困難から逃げない
何か問題があればそれを真正面から向かい合いましょう。もちろん簡単ではありません。世界中どこを探しても、向けられた敵意に対して何の問題もなく対処できる人間はいません。人は問題を即座に解決出来るようには出来ていないのですから。
事実、そのような問題に直面すると、私たちは誰でも動揺し、悲しみ、傷つき、時には挫折することになります。
しかしそのようにして困難に直面し、学習し、適応し、最終的に解決することこそが、人生の目的なのです。こうしたプロセスを通して人間は進化してきたのです。
gvFK22m
参照:lifebuzz.com

3.自分に嘘をつかない
世界中の全人類に嘘をつくことが出来たとしても、あなた自身に嘘をつくことは出来ません。人生は与えられたチャンスをものにした時にこそどんどんと改善されていくものですが、その中でももっとも手っ取り早く、困難なチャンスこそが、自分に正直でいられるかなのです。
d173492dfec6bc270a3832d7ca779627
参照:lifebuzz.com
4.自分自身の願望を後回しにしない
あなたが誰かを愛したことで自分を失い、自分の価値を信じられなくなってしまうことがあったとしたら、それはとても痛ましいことです。もちろん、他人を助けることはとても大事ですが、同時にあなた自身も救われる必要があります。あなたが追求したい夢や情熱、気になることがあるならば、今こそそれらを実行するべきなのです。
78692751bf028572c4109387fd22ec3e
参照:lifebuzz.com
5.自分ではない誰かになろうとしない
人生において最も難しいことの一つは、自分自身のままでいることです。周囲はあなたが「みんなと同じ」人になることを求めるからです。でも、本当はみんな同じではありません。誰かの方が誰かより可愛く、誰かは誰かより格好よいし、誰かは誰かより若いし、あなたはあなた以外の誰とも違っています。周りの人から好かれようとして、変わるのは間違っています。
あなたはあなた自身でいることで、あなたに本当にふさわしい人があなたを愛してくれるようになるのです。
dzzFJz1
参照:lifebuzz.com

6.過去にしがみつかない
過去にしがみついている間は、何も新しいことは起きません。それは同じ章を何度も何度も読んでいるようなもので、いつまで経っても次の章に進めません。
boat
参照:lifebuzz.com
7.失敗を恐れない
何かに挑戦して、間違えてしまうことは恐ろしいことかもしれませんが、何もしないよりも10倍生産的です。全ての成功には、それまでに重ねた失敗がつきものです。失敗したことよりも、何もしなかったことの方を最終的には後悔するのです。
funny_dog_make_a_mess_1014
参照:lifebuzz.com

8.失敗した自分を責めない
間違った人を愛したり、どうでもいいことにこだわったり、といった失敗をすることは誰にでもあります。でも、そんな失敗から私たちは、何が正しいことで、自分にとって正しい人とは誰なのかを知るようになるのです。失敗して、困難に直面し、後悔することだってあるでしょう。でも、あなたはあなたの失敗でもなければ、あなたが直面した困難でもありません。それは過去に起きたことであり、現在のあなたは、未来を変える力をもった今のあなたなのです。過去に起きたことは、今後起こるであろうことに対する準備をあなたにさせる為のものに過ぎません。
maxresdefault3
参照:lifebuzz.com

9.幸せを買おうとしない
私たちが欲しがるものの多くは高価なものです。でも、本当に私たちを幸福にするものはお金がいりません。愛、笑顔、そして情熱を持って働くこと、これらは全て無料です。
402f7d9f0b7641d517b28962e3218719
参照:lifebuzz.com

10.幸せを求めて他人に依存しない
自分自身に満足していなければ、誰と一緒でも長期的に幸せになることはできません。幸せになる為に誰かを求める前に、まずは自分自身が精神的に安定する必要があります。
9463864484_7f49df4725_b
参照:lifebuzz.com

11.立ち止まらない

考えすぎてはいけません。考えすぎると、そもそもなかったはずの問題を自分自身で作り上げてしまうことになります。状況を判断して、行動を起こすべきです。あなたが問題に直面することを拒んでいる限り、状況を変えることは出来ません。もちろん前進することには常にリスクが伴います。でも、考えすぎてはダメ!一塁ベースに足を置いたままでは、いつまでも二塁ベースに進めないのです。
500f2eb2e21e6b610afbe0611011da0e
参照:lifebuzz.com

12.まだ無理だ、と思わない
チャンスが訪れた時に、100%の準備が出来ている人なんていません。でも千載一遇のチャンスがくれば、人は快適な状態から抜け出して、難しい挑戦をせざるを得ないのです。つまり、チャンスをつかもうとする時は、誰だって最初は快適ではないということです。
Cat4.POxford.Whale Shark & gringos
参照:lifebuzz.com

13.間違った付き合いはしない
男女関係は慎重に選ぶべきものです。間違った相手といるくらいなら、一人でいたほうがマシです。急ぐ必要なんてありません。運命の人とは、ふさわしいタイミングで、ふさわしい理由で会うことになるのです。寂しいからではなく、あなたがふさわしいと思うときにこそ、恋をしましょう。
5
参照:lifebuzz.com

14.以前の恋愛が悪かったからといって新しい恋愛を拒まない
人生では、あなたと会う人全てに、会うべき目的があります。あなたを試す人間もいれば、あなたを利用する人間もいるし、あなたに教訓を残してくれる人もいます。でも、一番大事な人はあなたの最高の部分を引き出してくれる人です。
7-inspiring-photograph-love
参照:lifebuzz.com

15.他人と競わない
あなたより優れた人がいても気にしてはいけません。毎日、気にするべきは自分自身と向き合い、自己の記録を更新していくことです。
真の戦いはあなたとあなた自身による戦いでしかないのです。
download1
参照:lifebuzz.com

- 幸せに生きる為に自分にしてはいけない15のこと | CuRAZY (via edieelee)

飛んで行けたらなぁとふと思うけれど、空には空の悲しみがあるのだろうし。
- Twitter / psorcerer (via chptr22)

昨日、友人とLINE していた時にポロッと出た「金銭感覚狂ってからが趣味」というのは我ながら気に入っています。

おはようございます。

- Twitter / uragami_imagaru (via yorozuna)

日本人がtumblrを極楽浄土に変えてしまったおかげで、日本人にとってtumblrはクリエイターの場ではなくてリブログジャンキーの壮大な遊び場になった。
- lakusui | note (via tantarotaro)

はじめに水谷豊があった
水谷豊は山川豊と共にあり、ふたりは神であった
水は川となり、山から谷へと流れ
竹野内豊と、松重豊を創った
時が無数の豊を育んだ
いつしか豊が大地を支配した
やがて国が生まれ、争いが絶えなくなったころ
一人の若き豊が、自由を叫び
窓ガラスを壊して回ったーー
- Twitter / tokeyururu (via deli-hell-me)